▶第30回 道具屋筋まつり

大阪は昔から「天下の台所」などと呼ばれてきましたが、
そんな大阪の食文化を100年以上も支えてきた千日前道具屋筋商店街で
来週10月10日(土)、11日(日)の二日間「第30回 道具屋筋まつり」が開催されます。

商店街の約60店舗の前では、食べ歩きのほか、包丁研ぎ体験、食品サンプルの製作体験、
業務用きゃべつ千切り体験、ピザの試食など大人から子供まで楽しめるイベントだけでなく、
2013年にギネスワールドレコードに認定された、長さ1m以上、重さ12kgもある『巨大たい焼き』を
4匹焼いて二日間で約320人に無料で振る舞われます。

今年は黒門市場の「黒門 秋の味覚市」と同時開催ということもあり、
道具屋筋と黒門市場を結ぶサウスロードでは、人力車が走ったり、
道具屋筋でフライパンを購入すると、黒門市場で季節の野菜を乗せ放題にできるコラボ企画があったりと、
ウラなんば界隈がアツく盛り上がること間違い無しです!

道具屋筋は端から端まで歩いても150メートルなので、
楽しみながら何度も往復してお気に入りの商品を見つけてください!

第30回 道具屋筋まつり offical HP
http://www.doguyasuji.or.jp/archives/1921
▶第42回式年遷宮奉祝事業 京都パンフェスティバルin上賀茂神社

今年の10月、京都の上賀茂神社は21年に一度の式年遷宮が執り行われるのはご存知でしたか?
そんな上賀茂神社では10月17日(土)と18日(日)に、
「第42回式年遷宮奉祝事業 京都パンフェスティバルin上賀茂神社」が開催されます。

ん?なんで京都でパンなの?と思う人も多いでしょう。
実は、京都はパンが好きな人の多い町で、パンの消費量が多い都市、バターの消費金額、牛乳の購入量、コーヒーの購入金額、いずれのランキングでもトップは京都市なんです。

そんな京都市はもちろん、府内各地のホテルやベーカリーが、2日間で約20社が出展し、
元祖ジャンボめろんぱん、塩レモンクリームパン、京キャラメル巻、抹茶あずきデニッシュ、
八つ橋アイスの入ったあんこクロワッサンなどなど、各社自慢のパンが勢揃いします。

会場では景品の当たる射的などのイベントが行われる以外に、
18日には境内で、横綱による奉納土俵入りや、馬に乗って的を射る笠懸神事なども行われるので、
楽しい雰囲気も厳かな雰囲気も両方感じることができます。

京都最古の神社である上賀茂神社で、京都人が愛するパンを心ゆくまで堪能しましょう!


第42回式年遷宮奉祝事業 京都パンフェスティバルin上賀茂神社 offical HP
http://www.kamigamojinja.jp/
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.