毎年8月24日に行われている北摂を代表する伝統的火祭り「がんがら火祭り」。
1978年に池田市の重要無形文化財祭礼行事に指定され、市民だけではなく、他府県の多くの方に親しまれています。
シンボルである五月山に京都の送り火の如く、大一文字と大文字がともされ、町には重さ100kg長さ4mの大松明が二本一組で二基繰り出します。
3キロメートルの道のりを光々と火を燃やしながら練り歩き、その迫力は多くの見物客を魅了しています。
詳しくは、「がんがら火」の公式ホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.