豊後大野市の緒方平野一帯で、毎年8月14日の夜に行われる「小松明火祭り」。
闇夜に浮かぶ約1万3千本のたいまつの炎が、田園地帯を幻想的な姿に変えます。
このお祭りは江戸時代から続く伝統行事で、大凶作で起きた一揆の犠牲者の供養や、虫送りをするために始まったとされています。
花火の合図であぜ道や橋、鳥居などに設置されたたいまつに次々と火がともされます。
名瀑・原尻の滝はライトアップや神楽もあり、夏の夜を楽しむことができます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.