五穀豊穣と天下太平を願って、江戸時代から伝えられてきた九州三大祭のひとつ「八代妙見祭」。
祭りの見どころは、毎年11月23日に行われる「お上り行列」。
チャルメラが鳴り響き、銅鑼が打ち鳴らされる中で舞い踊る獅子をはじめ、奴、木馬、笠鉾、亀蛇、飾り馬などの行列が約1kmも続きます。
特に重要な役割を持ち、花形である亀蛇は、地元ではガメの愛称で親しまれ、客席へ飛び込んでは、大きな歓声を巻き起こします。
詳しくは「八代妙見祭」の公式ホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.