大分県の北部で福岡県との県境に位置する中津は、黒田官兵衛が豊臣秀吉から拝領し、中津藩としては福澤諭吉を輩出するなど、輝かしい歴史や文化を育み、商人の町としても活気ある城下町でした。
2月27日(土)〜3月13日(日)まで開催される「城下町中津のひなまつり」は、地域の特徴を背景とした、有職雛、享保雛や古今雛をはじめ、御殿の中に高さ7センチの小さなお雛さまが飾られる「御殿雛飾り」など、江戸時代から現代までの多彩な「おひなさま」が多数展示されます。
詳しくは、「大分県観光情報」の公式サイトをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.