▶なかよし60周年復刻コミックスフェア

日本で現存するマンガ雑誌の中で、最も歴史のあるものは何だかご存知ですか?
それは、少女マンガ雑誌の「なかよし」なんです。
「あんみつ姫」「きんぎょ注意報!」「美少女戦士セーラームーン」「マジックナイト・レイアース」「カードキャプターさくら」「おジャ魔女ドレミ」・・・懐かしいですね。

そんな「なかよし」が昨年に60周年を迎えたのを記念して
「復刻コミックスフェア」が、3月28日(月)まで、あべのハルカスにて開催中です。

このイベントでは、読者の投票による総選挙で選ばれた「おはよう!スパンク」など
全10 作品の複製原画の展示をはじめ、歴代表紙や歴代ふろくのパネルが展示されます。
また、人気マンガ家たちから寄せられたメッセージ&イラストの展示や、歴代のバックナンバーが読めるコーナーもあるので、60年の歴史を一気にさかのぼることができます。

その他にも、「なかよし」に掲載された作品のキャラクターグッズや、
復刻コミックスなど300 種類以上の商品が並ぶショップもあると言う事で、
これは往年のファン、現役ファン共に堪りませんよね!

「なかよし60周年復刻コミックスフェア」は、
3月28日(月)まで、あべのハルカスで開催されています。
最終日の3月28日(月)は夕方5時に閉まってしまうので、お気をつけ下さいね。

なかよし60周年復刻コミックスフェア
http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp

=================================

▶アートたけし展

3月28日(月)まで開催されている、「アートたけし展」では、
関西初公開となるビートたけしさんの作品 全100点を見ることできます。

展示されている作品には、タイトルも、難しいメッセージや目的もないということなので、普段、あまり絵画触れる機会が少ないという人も難しく考えず、自由にその世界観を楽しむ事ができます。

また、会場の音声ガイドには大竹まことさんと阿川佐和子さんという、長年番組で共演する2人が登場し、過去のおもしろエピソードなどをまじえながらガイドをしてくれるとのことなので、このガイドを聞きに行くだけでも面白いかもしれませんね。

アートと言ってもユーモアがあったり、ちょっとエッチだったりと「ビートたけしっぽさ」が垣間見られる作品を見て、普段とは違う切り口からビートたけしの世界に触れてみてください。

「アートたけし展」は、3月28日(月)まで、
阪急うめだ本店9階にある阪急うめだギャラリーで開催されています。
最終日の3月28日(月)は、夕方5時30分が最終入場なので、お気をつけ下さいね。

アートたけし展
http://www.art-takeshi.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.