近江八幡市の篠田神社では、毎年5月4日の夜、仕掛け花火の祭事である「篠田の花火」が行われます。この篠田の花火は、国の選択無形民俗文化財に選ばれており、全国各地の伝統花火の中でも、かなり珍しいものです。硫黄や硝石などを練り合わせた火薬を大きな板の上に張り付け、毎年、違った題材の絵が硫黄の「淡い青紫色」で描き出される仕掛け花火です。点火時の激しい「動」から、絵が浮かび上がる数分間の「寂」まで、この世界感に魅了される人は多く、県内外から多くの愛好者が訪れます。

詳しくは、滋賀県観光情報のホームページをご覧下さい。
http://www.biwako-visitors.jp

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.