画像: ☆週末ウォーカー☆

関西ウォーカー編集部の森さん、ありがとうございました☆

発売中の関西ウォーカー最新号から紹介して下さったのは、、、淡路島特集!!

淡路島は、“花畑”や“しらす”など、今からちょうどいいシーズンを迎えます!

淡路島国営明石海峡公園では、約20万株のチューリップが咲き誇っています!!
5月15日までの春のカーニバル2016では、土・日・祝を中心に、フラワーガイドツアーなど、様々なイベントが開催されています♪
6月くらいまで見れるお花の情報も載っていますよ。

そして、美味しい生しらすが4月中旬から旬を迎えます!

洲本の「海石(いくり)」さんで、水揚げ直後の鮮度が命の生しらす丼を食べて下さい!
生と釜揚げの2種類のシラスがたっぷり入った贅沢な生しらす丼です!

他にも、洲本の「春吉」さんや「お多福」さん、「ウェルネスパーク五色浜千鳥」では、サワラあぶり丼や生サワラ丼が食べれちゃいます!!

鮮度が命ですので、港近郊の一部でのみ食べられていた生のサワラ料理。
その究極の漁師めし「生サワラ丼」を、淡路のご当地丼としてスタート!
島内20軒の店で食べれますのでチェックして下さいね!!

そして、絶景BBQを楽しみましょう!!

洲本温泉の老舗温泉「海月館」プロデュースのBBQレストラン「シーアイガ海月」さんでは、目の前に雄大な海景色が広がるテラス席で味わう、厳選素材の本格的な炭火BBQが楽しめます!

「BBQハウス モスタージ」さんは、淡路島最大の観光拠点“淡路ハイウェイオアシス”にオープン!
明石海峡大橋や神戸&明石の街並みなどの絶景を見渡せるテラス席もありますよ!
淡路牛やたまねぎなど、島の美味しいものをたくさん食べて下さい!!

他にも、古民家レストランも紹介されています!

「LA CASA VECCHIA(ラ カーサ ヴェッキア)」は、1年を24の季節で表す“二十四節季”に合わせてメニューが変わるんだそう。
その時期に一番おいしい食材を使った料理をコースで味わえます!
小高い丘に立ち、庭や畑越しに瀬戸内海が一望できるそうですよ!!行ってみたいですね♪

古民家レストランは、畑の中にぽつーんとあったりしますので、島ならではの雰囲気を堪能して下さい!

直売所もあります!
兵庫県最大の直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」では、淡路島たまねぎをはじめ、淡路ビーフ&魚介など、海から山まで、島の新鮮食材が集まっています!!
淡路島といえば玉ねぎ!
1箱3キロが千円、あわじ島のおいしいお米キヌヒカリ1キロ3百円などなど、美味しい食材が並んでいます!
ご当地グルメ&スイーツが味わえるフードコート「ごっつぉの森」も人気だそうですよー!!

ぜひ、週末やGWには淡路島へ行ってみて下さいね(о´∀`о)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.