実は「遠藤淳探検隊」のコーナーに映画監督をお迎えすることは珍しいのですが、入江監督と遠藤淳は同い年と言うこともあって、お迎えさせて頂きました。

「SRサイタマノラッパー」「ジョーカーゲーム」を始め、ミュージックビデオも手がけていらっしゃる入江監督。元々、音楽も映画も大好きだったそうですが、人とコミュニケーションをとるのは苦手だったらしく、若い頃は苦労したんだとか。

シネ・リーブル梅田で4月23日に映画「太陽」が公開になると言うことで、月曜日と火曜日の2日間にわたって紹介させて頂きました。もとは舞台作品だったということで、映画にするということは難しかったんだと思います。

ストーリーは、SFと思いきや、実に考えさせられる作品になっています。劇中ではあり得ない世界ですが、世の中にある様々なリアルな事に置き換えられるので、自分の立場や思想について、改めて考えさせられる作品だなと感じました。詳しくは、是非、劇場に行ってみて下さい。

主演は神木隆之介&門脇麦。監督も特に指示しなかったという若い才能も素晴らしい演技を魅せてくれています。インターネットが発達してきた世代である入江監督と遠藤淳の2人。新人類でも旧人類でもない2人が未来を考えた。最後にはそんなお話しになっていましたね。

映画「太陽」は、4月23日(土)より、シネ・リーブル梅田、5月7日(土)より、神戸国際松竹、MOVIX京都、5月21日(土)より、ユナイテッド・シネマ岸和田にてロードショー。公開を記念して4月29日(金・祝)13:35の回の上映終了後に、シネ・リーブル梅田で、入江監督登壇の舞台挨拶も行われます。是非に。

画像: ☆4月19日(火)映画「太陽」入江監督☆

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.