今回は「 紫外線対策・日焼け止め対策 」をご紹介します!

まず、皆さんに知っておいていただきたいことは
「これからいよいよ紫外線量がピークに向かう」ということ。
4月までは『中程度』だった紫外線照射量が、
5月から9月までの間は、『強い』 や『非常に強い』に変わります。
つまり、1年のうち5ヶ月間は、紫外線ケアを入念にする必要があると言えそうです。

画像1: 2016/4/26 エステ・ステーション“テイ子のbeauty talk”

次に紫外線について、知っておいていただきたいことは、
「紫外線には種類があり、種類ごとに肌に与える影響が違う」 ということ。

画像2: 2016/4/26 エステ・ステーション“テイ子のbeauty talk”

紫外線には3種類あり、「A波」「B波」「C波」と分類されています。
●「紫外線A波=UV-A」は、『シワ・たるみの紫外線』とも呼ばれ、
 肌の奥深くまでじわじわと突き進み、肌のハリの元になるコラーゲンを壊してしまいます。
●「紫外線B波=UV-B」は、『ソバカス・シミの紫外線』とも呼ばれ、
 メラニン色素を増加させます。
 また、肌や細胞への刺激が強く、日焼けし過ぎると、
 真っ赤に炎症したり水ぶくれを起こす紫外線です。
●「紫外線C波=UV-C」は、『もっとも有害な紫外線』とも呼ばれ、
 その影響はB波を上回るそうですが、地表に届く量がまだ少なくこれから研究が進むと思います。

そして、最も知っておいていただきたいことは、
「そもそも紫外線をたくさん浴びるとナゼ良くないのか?」 

その①日焼けをするとシミができる
紫外線によってシミができることそのものは、
カラダを守るために必要なことで、良くないことではありませんが、
私たちの肌の状態や年齢によっては、直接お肌の悩みの原因になることもあります。

その②“皮膚が硬くなる”、“皮膚の弾力がなくなる”、“毛穴が大きくなる”
紫外線A波は、肌表面の組織を厚くし、プルプルお肌の元となるコラーゲンを破壊するそうです。
皮膚が硬くなってハリや弾力が失われると、毛穴が目立つようになり、たるみも生じます。
A波のダメージは、長年かけてジワジワと現われてくるので、毎日のケアをすると、しないとで、
40代を過ぎてからのお顔に大きく差が出ると言われています。

画像3: 2016/4/26 エステ・ステーション“テイ子のbeauty talk”

紫外線のダメージを受けたお肌も、この夏に浴びる紫外線のダメージを少なくするためにも、
誰もが若い頃に持っていた「肌のチカラ」を蘇えらせるためのスペシャルなフェイシャルエステ
「ヒロコメソッド」をぜひ体験してみてください!

フェイシャルエステ“ヒロコメソッド”1回の定価は8,640円。
月1回定期的に受けるという方は、回数をまとめると1回5,400円までお安くなります。
“ヒロコメソッド”はとっても続けやすい料金だと思いませんか?

さらに“ヒロコメソッド”は、最初のクレンジングから最後まで、
ぜ~んぶエステティシャンの手の技術だけで行なわれるんです!

エステティックサロンに行ったことがない方も安心、安心、リラックス。
また、エステ経験がある方も、
これまで受けたお手入れとの違いを感じていただけるんじゃないでしょうか?

詳しくは、エステステーションのホームページをご覧下さい!

聴き逃した~というかたは、後ほどアップされるpodcastをチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.