大洲の夏の夜の風物詩である「肱川の鵜飼」は、岐阜市の長良川、日田市の三隈川と並び「日本三大鵜飼い」と言われています。
大洲の鵜飼いは、鵜匠船と客船の屋形船が併走しながら川を下るという、国内唯一の「合わせ鵜飼い」といわれる手法で行われています。
2.7kmの川下りと共に風光明媚な自然を満喫しながら、鵜匠と鵜が織り成す技を間近で楽しむことができます。
毎年6月1日に鵜飼い開きとなり、9月20日まで開催されます。

詳しくは、大洲市観光協会のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.