新日本プロレス「DOMINION 6.19 in OSAKA-JO HALL」に向けて、ゲストを迎えながら、プロレスの話題をたっぷりとお届けしています!

今回は選手ではなく、新日本プロレスを裏から支える石野さんにお話しを伺いました。

昨年、21年ぶりに大阪城ホール大会が開催されました。大成功に収めた大阪城ホール大会に至るまでの裏側を全て教えていただきました。新日本プロレスが大阪城ホール大会をやりたいというより、周りからの期待が大きくなっていったことが大きな理由だったようです。

しかし、大阪城ホールのような人気のあるホールはなかなか空いていない。特に土日祝は。周囲の期待に応えたいと思っていた石野さんもどうしたものかと思っていたみたいですね。そこに一筋の光が。7月5日が空いている。すぐさま会場を押さえ、発表のストーリーを立て、チケット販売の手配を行い、実際に開催するところまで持って行ったということがスゴいです。

そして、2年連続で大阪城ホールで開催されますDOMINION。今年は6.19。何が起こるか、楽しみだー!! まあまあ。まだ開催までは2週間あります。トランキーロ。

画像: あれ?棚橋選手のサインが・・・ひょっとして来週は・・・

あれ?棚橋選手のサインが・・・ひょっとして来週は・・・

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.