織姫の原型になったといわれる天棚機比売を祭神とする交野市の機物神社。
毎年7月6日、7日には「七夕まつり」が開催されます。
この神社がある交野市から隣の枚方市にかけての、いわゆる交野が原が日本における七夕伝説発祥の地とされていて、織姫を祀る機物神社がその中心とされています。
この周辺には星にまつわる伝説が数多く残っていることでも有名です。
「七夕まつり」では、七夕飾りで彩られた境内に多数の露店が出ます。
7日は神輿が繰り出し、竹笹に結ばれた短冊は、その夜、天の川に流されます。
詳しくは、織物神社のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.