例年8月5日に開催されている「筑後川花火大会」は、1650年(慶安3年)の水天宮落成祝賀を始まりとし、350年以上の歴史を持つ久留米市の花火大会です。
筑後川に映る迫力満点のナイアガラや尺玉など、1万8000発が打ち上げられるスケールの大きさは西日本屈指。
川を挟んだ対岸より同時に打ち上げられ、夜空をカラフルに彩る豪華な花火に感動してしまいます。
会場には露店が400店舗以上並び、久留米のB級グルメを堪能できるのも魅力です。
詳しくは、久留米観光サイト「ほとめきの街 久留米」をご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.