魚も街もいつも新鮮。魚好きの人を増やしたい。もっと舞鶴に来てほしい。
地元の人たちが、一致協力して、舞鶴の魚をPRするために、毎年、開催されているのが「まいづる魚まつり」。
今年は9月25日(日)朝9時30分から昼2時まで、舞鶴水産流通センター周辺で開催されます。
マグロの解体ショー、セリ市を始め、今年も京都の各漁港でとれた新鮮なお魚が約4トン用意されるそうです。
詳しくは、舞鶴水産流通協同組合のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.