画像: ☆週末ウォーカー☆

関西ウォーカー・編集部の森さん、ありがとうございました☆

先週金曜日に発売されたムック本「2017年版 神戸Walker」から紹介して下さったのは、、、

10月3日からスタートする朝ドラ「べっぴんさん」の舞台が神戸ということで、見どころ徹底ナビ!
ヒロインの芳根京子さんのインタビューも載ってますし、ファミリアを生んだ街・神戸の足跡をたどるとともに、いち早く西洋化が進んだ神戸ファッションゆかりの地を訪ねたりと、見応えたっぷりです!

神戸にオープンした新店全47店もチェックして下さい!

さらに、「こんなに変わるKOBE未来ニュース」!

神戸開港150周年イヤーで、来年から記念イベントが続々とあります!
開発も進んでいくそうで、三宮の駅前も歩行者天国になり、人が主役の街になる再整備基本構想も載ってます!
路面電車もあったりと、ガラリと変わった完成予想図にビックリですよ~。

三宮・東遊園地が芝生公園になったり、来年イオンモール神戸南が誕生したり、神戸阪急ビルが21年に地下3階、地上29階、高さ約150mの建物へと生まれかわるプランがあったりなど、神戸に住んでいる方でもビックリな内容が紹介されていますよ!

そして、西内まりやさんが表紙の関西ウォーカー最新号から紹介して下さったのは、、、

11月6日までアベノハルカス美術館で開催中の「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」!

古くから日本で愛されてきた妖怪たちが大集合しています。
平安・鎌倉時代のものから現代の妖怪ウォッチまで、国宝や重要文化財を含む貴重な美術品が見れちゃいますよ!

土偶も妖怪の原点になったのではないかということで、土偶の移り変わりも紹介されています!

現存する最古の、室町時代の「百鬼夜行絵巻」もぜひご覧になって下さい!

そして、今週土曜日から11月6日まで大阪歴史博物館で開催される「真田丸」の特別展!
国宝6点、重要文化財5点に加え、新発見資料や展示初公開品、歴史資料などを通して、真田信繁(幸村)の人間像と時代背景に迫ります!

信繁所用とされる采配には、紙の房に血痕と思われる染みが残っていたり、島津家久と思われる人物が国許に宛てて戦いの顛末を伝えた書状の本物が見れたりと、貴重な展示品がいっぱいです!

ロマンたっぷり!
戦国武将ファン、戦国時代ファンの方はチェックして下さいね(*´∀`)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.