毎年、11月1日〜3日の3日間、尾道市で行われるのが「尾道ベッチャー祭り」。
このお祭りは、尾道市民俗文化財に指定されている奇祭で、3日目には「ベタ」、「ショーキー」、「ソバ」の面を付けた氏子たちと獅子が、神輿とともに市の中心街を練り歩き、子どもを見つけると追い回し、手にした「ささら」や「祝棒」で頭をたたいたり、体を突いたりします。
「ささら」でたたかれると頭が良くなり、「祝棒」で突かれると子宝に恵まれ、1年間の無病息災が約束されると言われています。
詳しくは、「尾道ベッチャー祭り」のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.