昭和24年に鹿児島市制施行60周年を記念して始まった「おはら祭」。
現在では、南九州最大の祭りとして発展しました。
例年11月2日と3日の2日間にわたって行われるお祭りで、約2万人の踊り手が、鹿児島を代表する民謡「おはら節」にあわせて練り踊る「総踊り」は、圧巻の一言で、見る物の目を奪います。
会場では、総踊りだけではなく、多くの子どもたちでにぎわう「YOU遊広場」など、様々な催しが行われます。
詳しくは、「おはら祭」のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.