▶ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園

いつもは、関西のおでかけ情報をお届けする「E-Navi.」お送りしていますが、今週から4週は、来年 年明けに開催される、ほっこりあたたかいグルメイベント「ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園」を取り上げる特別コーナー「E-Nabe」として、出店されるお鍋の情報などを紹介していきたいとおもいます。

昨年まで2年間、東京の日比谷公園で開催され、昨年は12万人を集めた人気イベントが、今回大阪で初の開催となる注目のイベントです。
今週は、九州は福岡から登場。大阪では味わうことができない地元の伝統的なお鍋をご紹介しました。

福岡県の久留米市からは、過去2年東京で開催された「ご当地『鍋』フェスティバル」でも毎回好評を博した、鍋好きなら一度は味わいたい「博多 もつ鍋」が提供されます。

この「博多 もつ鍋」、しょう油と地元の白味噌をベースに、5種類以上の唐辛子をブレンドしているのが特徴で、出店者は福岡県の久留米でダイニング・カフェ「Switch」を営む佐藤さん。
「新鮮な『もつ』を別に『湯通し』して、余分な油分を落とすというひと手間を加えたプリプリしたもつを、『あっさりした味わい』でお楽しみいただける『博多 もつ鍋』を、ぜひこの機会に!」
と一言アピールをいただきました。

地元でも「もつ鍋」や「もつ焼き」で有名なお店の、プリプリした新鮮な「もつ」と、九州ならではのしょう油と味噌が絶妙にマッチする「もつ鍋」は、ここでしか味わうことができません!
もつ好き、鍋好き、美味しいもの好きのみなさんはぜひチェックしてください!!

この「博多 もつ鍋」をはじめ、各地域の特色を活かし、旬の肉・魚・野菜・きのこを使った「鍋」が全国各地から集結するのがこの「ご当地『鍋』フェスティバル」なんです。

もちろん、それだけじゃありません!
鍋以外にも、あゆの炭火焼きや大判しいたけチーズ焼き、本 数の子黄金松前など、全国各地の鍋以外のグルメも出店されますし、特設ステージではアトラクションも行われたりと、お腹いっぱい、心ほっこりな、寒い冬を吹っ飛ばす、あったかいイベントになっています。

2017年、年明け最初の週末は、ぜひ万博記念公園で心行くまで鍋料理を楽しんでください!

「ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園」は、来年2017年1月6日(金)から9日(月・祝)までの4日間、いずれも朝10時から夜9時まで万博記念公園お祭り広場で開催されます。

期間中万博記念公園では、イルミネーションを中心とした「万博WINTER SPECIAL」も開催中とのことですので、こちらも併せて覗いてみてはいかがですか?

ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園
http://nabefes.com/osaka

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.