1月13日に大阪で試合がありましたので、会場に押しかけて、インタビューを録らせて頂きました。その日はメインでの登場でしたのに、試合前にお話しいただき、ありがとうございました。

新日本プロレス、Jr戦線の中では、ライガーさんの下、KUSHIDA選手の上くらいの世代になりますので、まだまだ若手の好きにさせない目の上のたんこぶ的な活躍をしてもらいたいですね。

先日1月5日の後楽園ホールでのタイトルマッチで、L・I・Jからベルトを奪いました。これは、田口選手自身も「まだ実感がありません」とおっしゃっていたように、今、最高のコンビネーションと絆を見せているL・I・Jを、棚橋弘至、中西学、田口隆祐の個々の力が少しずつ上回っていたと言うことになりますね。

しかし、それで終わらないのが新日本プロレス。

2月11日(土)大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)での「THE NEW BEGINNING in OSAKA」で、L・I・Jとのリマッチが組まれています。

その他、インターコンチネンタル選手権試合、IWGPジュニアヘビー級選手権試合、IWGPタッグ選手権試合3WAYマッチなど、見所が盛りだくさん。チケットは残り少なくなっていると言うことで、迷っているなら、是非、会場へ。そして、皆で、田口のケツに注目しよう!

田口選手、ありがとうございました。

画像: 1月16日(月)新日本プロレス・田口隆祐選手
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.