「今週のヒラマツ!」 今日のテーマは記念日♪
3日後の2月21日は平松愛理さん28回目のデビュー記念日♪ 
デビューを目指して単身上京し、東京でまず出会ったのは失望。
あったのは たった一つ「自分を信じる力」だけ。
これは自信とは全く別のものなんだそうです。
デビューまで本当に色々あったということですが今日はデビューライブのお話。
場所は新宿のスペースゼロ。
本番さながらの通しリハーサルの時、衣装チェンジのため暗いステージ袖に行ったら
床に置きっ放しになっていたガムテープにヒールを引っ掛け、転んで、
スネを強打して7〜8段の階段から落下!
みるみる紫になっていくスネをファンデーションで隠して本番に臨んだのはいいのですが・・・
デビューライブでメディアの方も来ている中、気分も高まって脈拍もアップ。
血行が良くなって来て気がつけばトロ〜ンと生暖かいものが脛のあたりを
流れ落ちていくのを感じて見てみると血が出ていました!!
そう!平松愛理のデビューは流血ライブとなったのでした。

画像: 2/21は平松愛理さんのデビュー記念日なんです!

「ヒラマツ応援団」
今日のお客様は高瀬布紗子税理士事務所から税理士の高瀬布紗子さん。
4年前から税理士のお仕事を始めて、1年半前に独立したそうです。
1人でお客様を最初から最後までサポートしたいという思いから独立したそうなんですが、
資格があっても独立される時にはかなり勇気がいったと言うこと。
子供の頃から計算が早いとかお小遣い帳をつけていたとか税理士になるような
前兆はあったのか?という愛理さんの疑問に対しては、全くなかったし、
税理士になろうと決めたのも大学を卒業してからのことだと話してくださいました。
人の可能性はいつから始まるか分からないものですね。
税理士になってから感じていることは、税理士は税金の計算をしているだけ
なのかもしれないけど、会社を成長させたり、社会に貢献したいなど夢を持ってる方の
サポートが出来るのが嬉しいということです。
素人には分からないことを具体的にアドバイスしてくれて、
目的に近づくよう応援してくれるなんて、とても頼もしいですね。
来週も、税理士の高瀬布紗子さんにお話を伺います。

恋愛のフレーズは、本日2月18日23時59分までの受付です!
▲堺市のおでんのこんにゃくさんのフレーズ
 遠距離恋愛、電話での喧嘩の後味の悪さ、気まずいまま時間が過ぎる。
▲守口市のドーナツ カルテットさんからこんなエピソード。
 ずっと一緒にいて楽しい人とか刺激があるタイプしか興味がなかったのに、そういう人とは
 長続きせず、気がつけば物足りないなーと思っていた落ち着くタイプの人と長く過ごしています。
 必ずしも好きなタイプの人と相性がいい訳じゃないって気がつくのに結構時間がかかりました。笑
◎フレーズをつなぎ合わせて歌詞を作り、平松がメロディーを付けてラブソングを完成させます。
 あなたが思いついたフレーズやキーワード、体験談を送って下さいね。
 ツイッターでもOK!ハッシュタグ「#ヒラマツと曲作り」
 ヒラマツはカタカナ、曲作りは漢字でハッシュタグをつけて気軽につぶやいて下さい。 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.