前回の朗読のコーナーでは、あまんきみこさんの作品
「おにたのぼうし」の後半をお届けしました。

この物語の作者、「あまんきみこ」さんは
こどものころ、豆まきをしながら、
追い出される鬼のことを思っていたそうです。
窓のすきまからにげだした鬼たちは、
寒い冬の海岸でおいおい泣きながら、
オニオコゼになると信じていたそうです。

そんな繊細な感性が感じられる作品でした。

画像: 2/18 ON AIR

さて、来週の放送は、
RN「チャッキー」さんからいただいたリクエストで、
松居直さんの作品「だいくとおにろく」をお届けします。

お楽しみに。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.