生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことを
みなさんと一緒に考える『SARAYA ECO FLAP』 のコーナーです。

今週のトピックは・・・TABI LABOというニュースサイトが伝えた話題。

ケニアのリサイクル団体が実施したプロジェクト・・・のおはなし。

ケニアの「Ocean Sole(オーシャン・ソール)」というプロジェクトでは、海岸や運河でゴミとして見つかる大量のサンダル(ビーサン)をリサイクルする活動をしているそうです。

この山のように回収されたビーサンは、どのように生まれ変わるんでしょうか?

こたえ、動物のフィギュアに生まれ変わります。
元のビーサンの柄や色を活かして、切ったり、削ったり、貼り合わせたりして、動物のフィギュアを作っています。特大サイズのフィギュアもあります。

画像: Cleaning Beaches, Creating Masterpieces 2 youtu.be

Cleaning Beaches, Creating Masterpieces 2

youtu.be

「Ocean Sole」は、年間40万個のサンダルをリサイクルすることを目標にして販売し、
一部を環境保護のための基金へ寄付したり・・・さらに、ケニアの首都ナイロビをはじめ、
スラム街や田舎で活動を行うことで、雇用を促進しているそうです。

「Ocean Sole」は現在、日本へのマーケット拡大を計画中とのこと。
彼らの取り組みに興味がある人はチェックしてみて。

画像: ケニアのリサイクル団体が実施したプロジェクト・・・のおはなし。

話題のニュースソースは、上記リンクをチェック!
(一定期間を過ぎた記事は、リンクが切れる可能性もございます。)

今週も、恒例のプレゼントがあります!

“ECO

“ECO

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.