この番組では、毎週英語の歌詞に注目した一曲をピックアップして
その中で使われているフレーズから「日常に使える便利な表現」をご紹介しています。
そしてこちらでは「今日のおさらい」を綴っていきますね、
どうぞあなたの毎日に、
ちょっと声にして「おさらい」して使ってくださいね。

今日のおさらい make it bad / ふさぎこむ、よくない 

画像: 来日中のポールマッカートニー。 ライブに行かれた方も多いはず。 The Beatles / Hey Jude (1968)

来日中のポールマッカートニー。
ライブに行かれた方も多いはず。
 The Beatles / Hey Jude (1968)

誰もが一度は聴いたことあるThe Beatlesのスタンダートナンバーのひとつ。
曲の中では、落ち込んでいる相手に「目の前のことを受け入れる勇気を」と言わんばかりに
優しいメロディと歌詞で背中を押しています。
「Don’t make it bad, Take a sad song and make it better./
ふさぎこまないで、悲しい歌だって気分は上がるさ」
新学期、新年度が始まって一か月経つ頃。
新生活でのあれこれで少し疲れる頃かも。
そんな時はどうぞ、この曲を。
(JASRAC許諾第9018171001Y38029号)

FROM KAY(DJ)

G'day guys, Kay here!!
こんにちは!DJのケイです。

今回が最終回だったECC Lyric Lesson。
皆さん、今まで本当にありがとうございました!

短い間でしたが、
この番組は私にとって、とても思い入れの深いお仕事となりました。
というのも昔から、大好きな音楽と英語を使ったお仕事ができれば…と思っていたんです。
なのでこの番組のオファーを頂いた時は、本当に天にも昇る思いでした!!


昔から、「英語ってどうしたら上手くなる?」と聞かれると、
「私は音楽に沢山教えてもらったよ!」と答えていました。

オーストラリアに渡って間もない幼少時代…。
中国語を学びだしたティーン時代…。
どちらの言語も、音楽から多くを学びました。

私は英語圏で育ったので、英語は話せて当然なんですが、
オーストラリアに移住してすぐ、
あまり英語が話せない段階から
語彙力はないのに発音はそこそこできたらしく、
実際の英語力より上に思われて、困ってしまう事が度々ありました。
今振り返ると、それは全て音楽のお陰だったんじゃないのかな、と思っています。

いつも気に入った音楽を、
聴いて、聴いて、聴きまくって、
意味も解らないままに「音」の真似をして歌っていた幼少期。

何回も何回も、曲の同じところを再生して
歌詞を必死に書き起こして…。
更にそれを訳して…。
聞き間違い、聞き取れない箇所ばっかりで、
結局は、殆ど想像の意味になっちゃうんですけどね。(笑)

皆さんも洋楽を聴く時、
「音」としてではなく、「言葉」として聞いてください。
それだけで、リスニングが鍛えられます。
聴き取れない所がいっぱいでも大丈夫。
日本語の歌だって、今なんて言った??ってなること、よくありますよね。
(私はかなり長い間、L'arc〜en〜Cielの「DIVE TO BLUE」に出てくる
「神のみぞ知る」が「神の味噌汁」にしか聞こえず、
そういう諺があるんだと思っていました)

そして気に入った曲を、聞こえたまま真似してください。
例えば、今週のナンバー「Hey Jude」の歌詞
「don't make it bad」だって、
Don't の "t" は聞こえないし、
Make it は別々に「メイク・イット」と言うんじゃなくて、くっついて「メイキッ(ト)」になってますよね。
真似ることで、一語一語をきちんと発音する英語だけではなく、
少し流れるような、自然な英語にも慣れていきます。

最後に、聞き取れた言葉を訳してみてください。
自分の言葉で訳をすると、その曲が更に好きになります。

たった一曲の歌で、
リスニング、スピーキング、語彙力が鍛えられてしまうんです。

ただ、歌詞の英語はスラングが多かったり
「美しい英語」ではない事も多いので、
本を読んだり、ちゃんとした先生から学ぶことはもちろん大切。
でも、音楽の英語も知っておくことで、
きっと、あなたの英語の幅は広がるはず。


自分が子どもの頃、実際に行っていた語学の勉強法を
このようにして、リスナーの皆さんと共有できて、本当に幸せです。
これを機に、より多くの人が
洋楽をBGMとしてだけでなく、
邦楽を聞く様に、歌詞の意味も含めて楽しんで頂ければ、とっても嬉しいです。


語学は継続が大切。
今英語を勉強しているというみなさん、
これからも諦めずに頑張ってくださいね!

画像: ブリスベンで見た、 アイアンメイデンのコンサートでの一枚。

ブリスベンで見た、
アイアンメイデンのコンサートでの一枚。

それでは、また会う日まで!
See you around!!!
Kay koxoxo

FROM STUDIO

画像: 短い間でしたが、お世話になりました。 またこんな素敵なチームで番組を作れるのを楽しみにしています。

短い間でしたが、お世話になりました。
またこんな素敵なチームで番組を作れるのを楽しみにしています。

OMG!!最後のO.Aを聴き逃した!という方、
radiko.jpのタイムフリーでO.A後一週間は聴くことができます。
FM OH!のHPからradiko.jpをチェック!

http://radiko.jp/share/?sid=FMO&t=20170428215500

2月からスタートしました「ECC Lyric Lesson」、今回を以ちまして終了致します。
英語をもっと楽しんでもらえたら、
そして、もっと洋楽を、音楽を身近に感じてもらえたら、
ラジオを通してそんな時間を過ごしていただけたら、と
制作チームみんなで関わらせていただきました。
短い間ではありましたが、
お聴きいただいて、そしてこのブログをご覧いただきまして
本当にありがとうございました。
またラジオでお会いできるのを楽しみにしています。
                    STAFF一同

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.