加太のお話『めでたいでんしゃ』編

加太は和歌山市郊外にあり、万葉の時代から、潟見の浦と詠まれていた景勝地で、
紀淡海峡に面して美しい海岸線が続いている場所です。
関西でも指折りの魚釣りのメッカでもあり、なかでも鯛の一本釣りなどが有名です!

車でドライブするのもいいですが・・・今回は電車での素敵な旅も満喫しましたよ~!
「紀ノ川駅」から「加太駅」を結ぶ、「南海電鉄 加太線」、通称「加太さかな線」は
「おいしいさかな」をはじめとしたグルメや風光明媚な景色、温泉など、
旅の楽しみが詰まった沿線です。

ゆったりとした時間が流れる「加太さかな線」沿線ですが、
そんな「加太さかな線」に、ちょうど1年前!観光列車として運行開始したのが
「めでたいでんしゃ」なんです!!

乗るだけで、おめでたい気分になる、ずっと乗っていたくなるような、愛でたくなる電車。
「めでたいでんしゃ」は、「おめでたい」と「愛でたい」が出会ってうまれたんだとか!

車両はこんな感じ!

2両編成で、外からの見た目は、全体にピンク色で、先頭に目がついていて、鱗柄です。

画像1: 車両はこんな感じ!

鱗の中に1つだけハート型のうろこがある。内装の座席が左右で紅白の色に分かれています。
柄はもちろん鯛。乗り込んだドアの足元には、「さかな」が泳ぎだす様子が描かれています!

画像2: 車両はこんな感じ!
画像3: 車両はこんな感じ!

つり革が「さかな」の形をしているのですが、1両に1個だけハート形になっているんです!
名付けて「ハートのつかみ取り。」ちなみに木でできていますよ~。

画像4: 車両はこんな感じ!

また、それぞれの車両に縁起物の木彫りがついています!
どちらも淡嶋神社で、実際に祈祷されたものだそう!

★そして・・・車内の壁についている鯛のハートのウロコを触ると、
めでたいことが大漁にやってくる!と言われていたり、見た目だけではなく
楽しいしかけがたくさんありますよ!!

GW中はイベントが盛りだくさんです!

明日4月29日から「めでたいでんしゃ」の1周年イベントがスタートします!
明日の朝10時からは「1歳のおたんじょうび会」が開催されます!
また、6月30日(金)まで、未来の大切なアナタのために、めでたい気持ちを届けたい
「未来郵便」のキャンペーンが行われる他、新登場のオリジナルグッズや、1周年記念の入場券などイベント盛りだくさんです!

くわしくは、ひらがなで「めでたいでんしゃ」で検索してみてください!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「和歌山マリーナシティpresents なんMEGA!ゴールデンウィーク直前スペシャル
 ~OH! My Trip,OH! My 和歌山.~」

この後もまだまだ続きます♬

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.