▶イタリア映画祭2017

今週は、5月13日(土)・14日(日)に開催される、「イタリア映画祭2017」をご紹介します。

2001年にスタートし、この時期恒例のイベントとなった「イタリア映画祭」ですが、改めてこのイベントの事や、今年の注目作品などを知るにはこの人に聴け!ということで、
今回は、オフィスリブラの菅野拓也さんに、詳しく教えて頂きました。

「イタリア映画祭」とは、2001年にイタリアと言う国を国外に紹介するプロジェクトとして、
日本人のイタリアに対するイメージを高めるようにイベントをおこなったんですが、
これをきっかけに2001年に始まった映画祭だそうで、ゴールデンウィーク恒例のイベントとして東京と大阪で行われていて、毎年1万人以上のお客さんが訪れています。

イタリアのいろんな作品織り交ぜて固いものから、コメディ・人間ドラマなどいろんな作品を上映しているんですが、映画館で公開されるような作品もあるそうです。

今年は2016年以降にイタリアで制作された、日本未公開の新作7本を、5月13日(土)と14日(日)に大阪福島にあるABCホールで開催されます。

なかでも、菅野さんのオススメの作品は、日曜日に上映される「喜びのトスカーナ」という作品だそうです。
イタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で17ノミネート5冠を達成し、作品賞、監督賞、主演女優賞というメインどころをおさえた作品で、これは面白そうだなと思っているそうです。

そんな菅野さんからプレゼントをいただきました!
来週5月13日(土)・14日(日)開催の「イタリア映画祭2017」の中で、14日(日)に上映される『切り離せないふたり』のペア観賞券を3組の方にいただきました!菅野さんありがとうございます!!

この作品は、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で「喜びのトスカーナ」を越える、17ノミネート6部門受賞した作品で、助演女優賞、脚本賞、作曲賞、歌曲賞を取っています。
内容は、「18歳になろうとしている結合性双生児の姉妹。美しい歌声で、結婚式などで披露して生計を立てていたんですけれども、ショーを見た医師から手術によって二人は別々になれると言われて、安定していた関係が揺らぎ始めてしまう」という作品だそうです。

アカデミー賞でも、脚本賞を取った作品が1番面白いとも言われているので、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でも脚本賞、そして作曲賞、歌曲賞を取った「切り離せないふたり」を菅野さんがオススメしてくれました。
ぜひ、劇場で観てくださいね。

「イタリア映画祭2017」は、5月13日(土)・14日(日)に中之島・ABCホールにて開催。
チケットは、前売り、当日ともにセブンチケットのみでの販売となっていますので、ご注意下さい。

そして、菅野さんからのプレゼントは、この「イタリア映画祭2017」の中で、14日(日)に上映される『切り離せないふたり』のペア観賞券を3組の方に。
ということで、こちらへのエントリーは、FM OH! の HPのリクエストページから、「Double-E」のリクエストフォームを選んで送って下さい。

イタリア映画祭2017
http://www.asahi.com/italia/2017/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.