ほうれん草の根っこにあった赤紫の部分、どこいったん?
イチゴやリンゴって、もっと硬くて酸っぱくなかった?
昔に比べて野菜、果物の味や見た目が変化したような気がする!!という話で
健康に気を使う友達と盛り上がったという平松愛理さん。
野菜について調べてみると、60年前と比べて栄養価が変わっているというネット情報を発見。
ほうれん草は、ビタミンCが1/4〜1/5になっている
トマトはビタミンCが半分、鉄分が1/4ほどになっているとの噂!
鬼ほど野菜食べなあかんやん!と思っていたら、旬のお野菜は今までと変わらないとのこと。
新鮮な旬のお野菜をしっかり選んで、みんなで美味しく元気になろう!!

画像: 野菜と果物、今〜むかし

先週に引き続き日本画作家の久米伴香さんをお迎えしてお話を伺いました。
久米さんは子供の頃から絵が大好きで、幼稚園の頃には絵画教室に通っていたそう。
いまや日展の準会員になられて、日本画作家として活躍されています。
今回「これが日本画だ」と初めて認識して絵を見せていただいた平松愛理さん。
気になるのは、一枚の絵を描くのにどのくらいかかるのか。。。伺ってみると
どんな絵を描くのかというのを決めるところから仕上げまでは一年がかりなんだそう。
キラキラと光を感じる久米さんの日本画。皆さんもぜひ、ご覧ください。
7月25日〜30日までは、京都文化博物館で展示されるとのことです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.