おうちの軒先などで巣作りをするツバメ

都市部では住民が巣を撤去するなどして、
1回の繁殖で巣から巣立つひなの数が、平均で4羽を下回り、
将来、減少が懸念される水準になっていることが分かりました。

生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことを
みなさんと一緒に考える『SARAYA ECO FLAP』 のコーナー。

“ECO


今週のプレゼントは↓↓↓↓こちらからエントリーしてください

プレゼントは「ヤシノミ洗剤」です!

“ECO

特別イベント「野鳥フォトフェスタ」


今日から、6月25日(土)まで。キヤノンデジタルハウス梅田で開催。
参加は無料です。
(注意)
デジタルカメラで野鳥を撮影する人が増える中、
鳥の生態や環境に影響を与えると心配される事例が全国で相次いでいます。
撮影マナーを守ってください。

繁殖時期、巣の近くに大勢の人間が居座ると親鳥が寄りつかなくなる心配
「鳥を飛ばせるために投石」「追いかけ回す」といった鳥への行為
「道路に違法駐車」「耕作地を踏み荒らす」など地域住民から苦情が出たケースもあります

“ECO


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.