日本最大級の私立美術館で懐かしい名画に出会う旅に出かけませんか?
大塚国際美術館では来月30日まで、教科書や旅先で見た作品をスタッフが展示室を回りながら解説してくれます。
6月と7月のテーマは「ほろ苦い想い出センチメンタルジャーニー恋・ときめき編」。
ボッティチェリのヴィーナスの誕生等、
誰もが一度は目にしたことのある作品について詳しく知ることができます。
詳しくは、大塚国際美術館のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.