本日は映画『メアリと魔女の花』から
キャラクターの声を担当した杉咲花さん、神木隆之介さん、
そして、米林宏昌監督からのスペシャルメッセージをお届けしました!

今回の作品は、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)、
『思い出のマーニー』(2014年)の米林宏昌監督による長編アニメーションです。
監督が自身のスタジオ、スタジオポノックを設立後、初の作品となっております。

あらすじ

主人公は、赤毛の女の子・メアリ。
メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つけます。
それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”。
花の影響で、メアリはひと晩だけ不思議なチカラを身に付け、
雲海にそびえ立つ魔法界の最高学府「エンドア大学」へ入学することになるんです。
校長先生から「赤毛は天才の証!」と大歓迎され、
メアリはうれしくなって、ついつい「ウソ」を言っちゃうんですよ。
その「ウソ」が、やがて大切な人を巻き込む、とんでもない事件を引き起こしてしまいます。
不器用で失敗ばかりだけど小さな勇気で立ち向かっていく、
少女メアリのドキドキとワクワクがいっぱいの大冒険が描かれます。

印象に残ったシーン

メアリが初めて魔法学校であるエンドア大学にいくシーンで、
始めは、メアリのセリフが「すごい」で決まっていたところ、
杉咲花さんが、思わず「キレイ」と言ったことが、
そのままセリフになったエピソードを話してくれました!
ピーターがメアリと出会うシーンもこの作品のメアリの魅力が
とても伝わるシーンになっていて、見所があるそうですよ。

【もしも魔法が使えるとしたら、どんな魔法を使いたい?】

もしも魔法が使えたなら?
みなさんに考えていただきました!!

杉咲花さん  ーパッと一瞬でご飯ができる魔法
神木隆之介さんー憧れの先輩に変身できる魔法
米林監督   ースリムになれる魔法

画像: 【もしも魔法が使えるとしたら、どんな魔法を使いたい?】

杉咲花さん、神木隆之介さん、米林宏昌監督メッセージ本当にありがとうございました!!

映画『メアリと魔女の花』は7月8日土曜より
TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ西宮OS、TOHOシネマズ二条ほか
全国東宝系にてロードショーです。

スペシャルメッセージのアーカイブはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.