カキは冬に食べるイメージがありますが、鳥取県でカキといえば、夏が旬の岩ガキです。
とくに、県内で獲れたカキのうち、殻の大きさが13cm以上で高品質のものには「夏輝」というブランドラベルをつけて、夏の特産品としてアピールしています。
7月~8月中旬は産卵前で身が大きく、最も美味しい時期です。
地元オススメの食べ方は、レモンを絞って生で丸ごと豪快に。
しっかり身が詰まっていて食べ応え抜群。濃厚な旨味が口いっぱいに広がりますよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.