国の天然記念物にも指定されている七ツ釜は、九州北部・玄界灘に面した半島の先端にある洞窟です。
海面から40mの断崖絶壁に、荒波によって削り出された洞窟が並び、7つの釜のように見えることからそう呼ばれています。
一番大きなものでは、間口が3m、高さ5m、奥行きは110mもあるそうです。
イカ料理で有名な呼子の港からは遊覧船「イカ丸」が出港していて、洞窟の入り口まで船で入り込み、迫力のクルージングを楽しめちゃいます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.