およそ700年の歴史があり、堺の夏の風物詩となっている「堺大魚夜市」が、7月31日(月)お昼1時から夜9時30分まで、大浜公園を中心に開催されます。
住吉大社の夏祭りの神輿が堺宿院まで渡御する際、漁師が魚を持ち寄り神前に奉納したことに由来します。
夜7時から行われる豪快な魚セリが見どころで、誰でも参加することができ、セリ人の威勢のいい掛け声と魚を買い求める人々の熱気で溢れかえります。
多彩なステージイベントが行われ、会場は多くの来場者で盛り上がります。
詳しくは、堺大魚夜市のオフィシャルサイトをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.