武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-第18回ー、
今週もお楽しみいただけましたでしょうか?
日本は今年で戦後72年。
8月に入り、改めて「平和」について考える方も多いのではないでしょうか。
しかし年月を重ねるにつれ、「戦争体験」を伝えることが厳しい状況になっているのも事実です。
若い世代に「戦争の恐ろしさ」「平和の尊さ」を改めて認識して欲しい…そんな思いの元、
「戦争体験の語り部」の「心」を伝える活動が、全国各地で行われています。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-第18回ー 放送後記

今夜の「武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-」では、
新聞社の編集局で働く傍ら、「被爆体験の語り部」として活動する卒業生
「小国美弥子」さんをスタジオにお迎えしました。

小国さんは現在、被ばく体験の「語り部」としても活動していらっしゃいます。

広島平和記念資料館での伝承講和や、
関西の小中学校で、修学旅行前の事前学習、
さらに戦時中の武庫川女子大学について、学内で特別講義もされたそうです。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-第18回ー 放送後記


今日のオンエア内容は、8月9日(水)午後8時まで、
Radikoのタイムフリー機能でお聴きいただけます!
http://radiko.jp/share/?sid=FMO&t=20170802200139

画像3: 武庫川女子大学ラジオ-MUKOJOラジオ-第18回ー 放送後記
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.