つくだに屋さん(2号店)では、「醤油」で有名な小豆島だけに、全国でも珍しい「佃煮ソフト」を販売中です。
しそ昆布の他にも色々な佃煮を試してみてこの味に決まったそうです。
インパクトが有って、食べると癖になります。
因みに、もともと「佃煮専門店」ですから、お土産に佃煮も駆って帰って、佃煮と白いご飯で軽く済ますというのも、夏バテの季節にはいいですね。
夏の終わりから秋の小豆島もオススメです!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.