10月14日(土)城山公園堀之内管理用広場では、「第4回四国松山ノーマルレトロカーミーティング」が開催されます。
車は時代を映す鏡とも言われ、昭和に販売された車は保安基準や物品税等で、寸法、排気量などに大きな制約を課せられていました。
このような時代のデザインを含めモノづくりへの技術者の熱意を現代に伝えるレトロカーの文化的価値を多くの方に知っていただく機会として、また、時代を超えた普遍的願いである交通安全をレトロカーでアピールするとともにオーナーとの交流の場として開催されます。
アクセスは、松山自動車道の松山ICより約25分です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.