今週は、誕生から50年!多くの人を魅了してきたキャラクターに関するイベントを2つご紹介します。
まずは、謎多きあのスナイパーに関するイベントから!

▶連載50周年記念特別展 さいとうたかを ゴルゴ13

本名、国籍、生年月日、すべて不詳の謎のスナイパーが活躍するマンガ「ゴルゴ13」。
1968年11月に小学館の「ビッグコミック」で連載を開始して以来、1度の休載もなく、コミック界における連載最長記録を更新し続けているんですが、そんな伝説的マンガの連載50周年を記念した特別展が開催されます。

この特別展では、これまで未公開だった貴重な原画や、ゴルゴが愛用する銃のモデルガンの展示のほか、作者のさいとう・たかを氏の筆記具や、プロダクションの“武器庫”にある門外不出だったモデルガンといったものまであり、いかにして「ゴルゴ13」が誕生するのかを見ることができます。

ゴルゴを愛する女性によるファンクラブ「ゴルジョ」が設立され、その会長に眞鍋かをりさんが就任したり、ロックギタリストの山本恭司さんが公式テーマ曲「13th Shot」を作曲されたりと、年齢・性別を問わず多くの人に愛される「ゴルゴ13」。
その人気の秘密に触れてみませんか?

「連載50周年記念特別展 さいとうたかを ゴルゴ13」は、来週10月6日(金)から11月27日(月)まで、海遊館の隣にある大阪文化館・天保山で開催されます。

連載50周年記念特別展 さいとうたかを ゴルゴ13
https://www.golgo-13.com/

=================================

▶誕生50周年記念 リカちゃん展

続いては、いつまで経っても女の子の憧れ。そんなキャラクターに関するイベントです。

1967年の誕生以来、衣装だけでなく顔や表情も少しずつ変化し、世代を超えて多くの女の子を魅了し続けるキャラクター「リカちゃん」。

そんな「リカちゃん」の誕生から50周年を記念して、特別展が開催されます。「Licca meets Licca」をテーマに開催されるこの特別展では、約580体のリカちゃんや、その家族、友達が、当時の流行ファッションとともに紹介されます。

そのほか、誕生にまつわる開発ノートといった資料のほか、歴代のリカちゃんハウスや、有名ブランドや著名人とのコラボリカちゃんの展示などもあり、いろいろな時代にタイムスリップすることができます。

そして、ファンなら見逃せないのは、やっぱり限定商品ですよね。
もちろん、この展覧会にも限定のアイテムがあります。
クッキーやプチケーキといったお菓子や、キーホルダーやチャームといった小物もありますが、注目すべきは、500セット限定、ハイネックシャツとパンタロン姿の初代リカちゃんをイメージしたリカちゃんがあります。そのほかにも約300種類の限定商品が大集合するので、思わず財布のひもが緩んでしまうでしょうねぇ。

あなたが持っていた「わたしのリカちゃん」を探して、あの頃の気持ちに戻ってみませんか?

「誕生50周年記念 リカちゃん展」は、10月25日(水)から11月6日(月)まで、阪急うめだ本店9階にある阪急うめだギャラリーで開催されます。

誕生50周年記念 リカちゃん展
http://licca.takaratomy.co.jp/official/archives/1250/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.