大分県日田は江戸時代当時、代官所が置かれ徳川幕府の天領(直轄地)として、
九州の政治、経済の中心地として栄えました。
当時の栄華を再現し、日田が江戸時代にタイムスリップする2日間が、江戸時代の風情と現代の営みが調和する豆田地区を中心に、11月11日(土)12日(日)に開催される「日田天領まつり」です。
期間中は時代装束に身をまとった200名が町を練り歩く「西国筋郡代着任行列」や、当時の市を再現した「天領ひた食の乱」などのイベントがたくさんあります。
秋のひととき、当時の歴史・文化に浸ってみてはいかがでしょうか。
詳しくは、日田市のホームページをご覧下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.