「高知県立文学館」は、高知城の東のふもとにあり、奥深い高知の文学の魅力を心ゆくまで堪能できる施設です。
今年は開館20周年と言うことで、11月25日(土)から、来年1月14日(日)まで、「酒と文学展~『土佐日記』から吉田類まで~」を開催しています。
“二十歳の文学館”となる記念の年に開催されるこの企画展では、古くから高知の風土と深く結びつきながら作られてきた日本酒に焦点を当て、高知の作家とお酒の逸話や、お酒にまつわる文学が紹介されます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.