生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことを
みなさんと一緒に考える『SARAYA ECO FLAP』 のコーナー。

南極のお話し

南極から過去最大級の「氷山」が分離し、漂流を始めたと
地球温暖化の影響を調べているイギリスの研究プロジェクトが発表しました。

今年の夏は豪雨が多かったです

気象庁の地域気象観測システム「アメダス」のデータによりますと、
1時間に50ミリ以上の雨が降る「短時間強雨」の年間発生回数について、
1976年からの10年と
直近10年の気象庁の観測結果を比べたところ、
全国平均で約34%増えていることが分かったそうです。
気象庁は今後の見通しについて、
20世紀末と今世紀末を比較して、分析しています。

その分析によれば・・・気温が上がれば大気中の水蒸気量が増えるため、
大雨は増加するみられているということ・・・。
私たちにできることはしていかねばなりません。

今週のプレゼント

“ECO

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.