生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことを
みなさんと一緒に考える『SARAYA ECO FLAP』 のコーナー。

世の中はフクロウブーム?!

世界的にフクロウがペットとして人気になっているようです。そしてそれが原因で、世界のフクロウは危機に瀕しています。
インドネシアでのフクロウ取引は、制限されてはいるものの違法ではないため公然と行われているそうで、調査によると、市場でのフクロウ販売価格は
平均で1羽28~38ドル(3000~4100円)。
小さなコノハズクだと、幼鳥が6ドル(約650円)で売られていたことも
あり、もともとの価格が決して高くないことも、
フクロウの人気を押し上げている理由と思われます。
でも問題が・・・飼育できなくなった時、フクロウをどうするか・・・

そのため保護施設に引き渡す人も多く、
保護施設はフクロウで溢れているといいます。あなたはどう考えますか?

今週のプレゼント

“ECO

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.