生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことをみなさんと一緒に考える
『SARAYA ECO FLAP』 のコーナー。

ジビエって知ってる?

ジビエとは・・・狩猟(狩り)で得た
「天然の野生の鳥や獣の(食べられる)お肉」を意味するフランス語で、
ヨーロッパでは、貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化。

ジビエ料理は・・・動物の尊い生命を奪う代わりに、
肉から内臓、骨、血液に至るまで、全ての部位を余すことなく料理に使い、
生命に感謝を捧げようという精神が流れています。

日本で有名なジビエといえば、
捕獲数や被害の多いシカ、イノシシが挙げられますが、

実は「狩猟」の対象となっている野生鳥獣は全てジビエとして定義されます。
シカ、イノシシ、野ウサギをはじめ、
山鳩、真鴨、小鴨、尾長鴨(オナガガモ)、カルガモ、キジ、
コジュケイ、最近話題のカラス、
またフランスでは狩猟禁止で貴重な「タシギ」等の鳥類や、
ヌートリア、ハクビシンといった珍しい動物も含まれます。

日本では、明日、11月15日~2月15日まで狩猟が解禁となり、
ジビエのシーズンが始まります。

野生の恵みをありがたくいただく・・・ということも含め、
大切な意味もあります。この冬、チャレンジしてみませんか?

本日のプレゼント

“ECO

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.