世界遺産の島「宮島」は、年末年始にかけて恒例の行事や初詣の参拝客で大いに賑わいます。
まず、大みそかの夕方6時ごろから、火除けの伝統行事「鎮火祭」が行われ、法被姿の若者たちが大松明を担いで、掛け声とともに参道を練り歩きます。
その後、年が明けると午前0時から厳島神社の初詣が可能になります。
お正月期間中10万人が訪れるという人気スポットです。
また、宮島にそびえる弥山に登って、瀬戸内海を一望しながら見る「初日の出」は絶景です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.