今週は、「中国」をキーワードにイベントを2つご紹介します。

▶南京町ランターンフェア

まずは、クリスマスとは一線を画すライトアップイベントです。

関西にある中華街といえば、やっぱり神戸の南京町が有名ですよね。
そんな南京町では、昨日から「南京町ランターンフェア」が開催されています。

南京町一帯に中国の提灯を吊るし、華やかで幻想的な中国情緒を感じることができるこのイベントが今年もやってきました。

昨日がイベント初日という事で、点灯式がおこなわれ、爆竹の合図で提灯が点灯し、雰囲気たっぷりの中でJAZZのミニライブがおこなわれました。

そんな今年の「ランターンフェア」ですが、去年までと違うところがあります。
それは、提灯が電球ではなくLEDの光になったんです。
時間によって様々な色に変化する灯りは、去年までとはひと味違った暖かさを演出してくれます。

どこかホッとする提灯の灯りに癒されてみませんか?

「南京町ランターンフェア」は、12/25(月)まで、神戸にある南京町で開催されています。

南京町ランターンフェア
https://www.nankinmachi.or.jp/news/1010

=================================

▶らんま1/2カフェ@心斎橋161 Produced by THE GUEST cafe&diner

続いては、中国で修業をした男の子が主人公の、あの人気マンガに関するイベントの紹介です。

水をかぶると女の子になってしまう体質になってしまった早乙女乱馬が主人公の「らんま1/2」。
マンガだけでなくアニメも人気だったので、好きな人も多いのではないでしょうか?
そんな「らんま」は今年で連載開始30周年なんですが、それを記念して現在、コラボカフェが期間限定でオープンしています。

メニューは、ラーメンや火鍋、カレーといったフードメニューに、パフェやモンブラン、パンケーキといったスイーツ、さらにドリンクまで、マンガに登場したあのメニューやキャラクター達をイメージした可愛くて美味しいメニューがラインナップされています。

たとえば、綿菓子でできたパンダ姿の乱馬の父 玄馬をやかんに入ったほうじ茶で溶かすと、和風の甘味が楽しめる「早乙女玄馬の和風甘味プレート」や、子豚のPちゃんを模したパンケーキなどがあります。
見たら絶対に写真を撮りたくなることでしょう!

さらには、ヒロインのひとり「シャンプー」が出前をしてくれるVRを体験できるメニューまであります。

作品を知っている人ならテンションが上がること間違いなし!
気になったという人は期間限定なので忘れないうちに行くようにしてくださいね。

「らんま1/2カフェ@心斎橋161」は、12/19(火)まで、心斎橋筋商店街にある心斎橋161の2階、THE GUEST cafe&dinerで開催されています。

らんま1/2カフェ@心斎橋161
http://the-guest.com/ranma_osaka/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.