画像: 学ラジ第六章 Podcast VOL.037

第37回:ドッキリ企画! ターゲットはメイン担当三島くん。彼以外は全員仕掛け人です!

「ワスレナグサ」  2017/1209/OA

脚本:石部花 
出演:谷口/三島拓也・楓/内田ゆり

SE-1: C.I.―(夜の街の雰囲気)
SE-2: C.I.―(足音)
谷口: ………あれ?
    楓さん?
    寒いのにベランダで何やってるんですか?
    風邪ひきますよ。
 楓: あ、谷口くん!
    来てくれてありがとう!
    上がってきて!
NA: 学ラジ・ショートストーリー 
            「ワスレナグサ」
谷口: この人は大学の一つ上の先輩、大谷楓さん。
    就職も決まり、あとは卒業するだけの彼女
    だったけど、最近、急に大学を辞めて
    遠くの街へ行くと言い出した。
SE-1: ―F.O.(夜の街の雰囲気)
 楓: ベランダからね、空を見てたの。
    向こうはこんなに綺麗に星が見えないんだ。
    ……この街の空、私好きだなー。
    谷口くんも今のうちにちゃんと
    見ておくといいわ。
谷口: ………わかりました、見ておきます。
 楓  今までありがとね、ずっと傍に居てくれて。
    それと、……谷口くんの気持ちに応えて
    あげられなくて………、
    たくさん傷つけて、ごめんなさい。
谷口: やめてください。
    一緒に過ごせて、ぼくは嬉しかったですよ。
    さ、そんなことより、引越しの準備を
    手伝いに来たんです。   
    ………でもこれ、ほとんど終わってませんか?
 楓: うん………。
    なんか、最後にちょっと会いたく
    なっちゃったんだ。
    わざわざ来てくれたのに、ごめんね。
谷口: ………楓さん。
 楓: あのね、谷口くん、私たち、もう少し早く
    出会ってたらきっと………、
谷口: 楓さん!!
    ………すいません。
    おれ、明日朝早いんで、今日はもう帰ります。
 楓: 谷口くん……!
谷口: 今まで…!
    ありがとうございました。
    さようなら、楓さん。
SE-3: C.I.―(ドアガチャ)
谷口: 数日後、楓さんはこの街を出ていった。
BG: C.I.―(ピアノ)
谷口: その日の帰り道、
    ぼくは、楓さんが好きだと言った夜空を
    見上げてみた。
    星がきれいに見えると彼女は言って
    いたけど、溢れ出る感情や想い出で
    ぼやけていくぼくの視界には
    星なんて一つもうつらなくて、
    ぼくは少しも、好きになれなかった。
EDNA: END NA ~ 提供クレジット

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.