生物多様性のお話を中心に、動物のこと、自然のこと、環境のことをみなさんと一緒に考える『SARAYA ECO FLAP』 のコーナー。

パラオの「誓約書」の話題

澄み切った海、手つかずのサンゴ礁、そして世界有数のダイビングスポット
直行便もあって、日本から約5時間で着いてしまう身近なリゾート。

かつては知る人ぞ知る観光地だったんですが、近年、観光客が爆発的に増加。
主に中国からの訪問者が多くて、インフラと環境の両方に負荷がかかっているそうです。

何が起きているのか・・・

たとえば・・・
●自撮り(セルフィー)のためにカメを捕まえる、
●もろいサンゴの上を歩く
●浜辺にごみを放置するなどなど
地元住民の間で怒りが広がっていたそうです。最悪!!!

そこで「パラオ政府」は、国外からの訪問者に対して、
環境への配慮を約束する文書への署名を義務付けました。

あなたはどう感じますか?

パラオの魅力知ってる?

ジェリーフィッシュレイク外せません!
遥か昔の地殻変動によって四方を囲まれてできた塩水湖で、
その湖の中を泳いで進んで行くと、徐々にクラゲが増えていき・・・
気づけば無数のクラゲに取り囲まれていることでしょう。
水中にフワフワと浮遊するクラゲを見ながら水に浮いていると、
まるで宇宙空間か夢の中に入ってしまった感覚になります。

クラゲさんたちを傷つけないように気をつけましょう!

もうひとつは、自然の泥パックができるミルキーウェイ。
ミルキーウェイの海底には、長い年月をかけて沈殿した「石灰質の泥」が
溜まっています。泥の成分も美容成分が非常に豊富で、この泥を全身に塗って
楽しみます。美白、美容効果も期待できるとか!?
でも持ち帰りは厳禁です。

今日のプレゼント

“ECO

「キヨ松歌合戦」に参加すると・・・
●1)LOVE FLAPステッカー(月バージョン含む3枚セット) 10名
●2)あべのハルカス展望台 ハルカス300ペアプラン ペア1組2名
●3)BOYS AND MEN サイン入りポスター 1名

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.