「R45オールザットらじヲ」を担当しています「柳田光司」です。

「柳田?誰やねん?お前?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

#8『冬なのに、ホット!ホットなディスコミュージック』(2017年12月22日OA)

ずっとずっと昔の話。時効の話だ。
半年前まで アホなことばかり言い合っていた 悪友たちの一部は
女の子の気をひくため? タバコ、プラボン、原付に手を染めた。

幼かった私は 自転車に釣り竿。「朝釣り」にハマった。

辺りは真っ暗。
笑福亭鶴光のオールナイトニッポンはまだオンエアー中。
ポケットに忍ばせたトランジスターラジオのジャックにイヤホン。

琵琶湖が見える砂浜。慣れた手つきで「大鯉(おおごい)」の袋を破り小さなバケツで団子を作る。生臭い独特のにおいが鼻をつく。たこ足のように何本も広がった仕掛け針に団子状に丸めたエサを覆う。これで良し。釣り糸を右手人差し指にかけながらリールを解除。思い切り振りかぶり投げ込む。
竿を砂浜に差し込み、竿の穂先にクリップ式の鈴を付ける。

「…これで、完全アリバイが成立!」

竿の根本に、買ってもらったばかりの「ポケットラジオ」を置く。
砂が入らないよう薄いビニール袋に入れたまま、イヤホンを抜き音を響かせた。

ジーンズの後ろポケットに忍ばせたペンライト。単三電池二本の超小型。
何度も、オンオフの確認。宝物に何度も目をやりながら…釣り場を離れる。

目的は 琵琶湖畔にそびえ立っていた『ホテルK』の探検。
ホテルといっても、旅館ではない。
地元のヤンキーは、「モーテル」「連れ込み」「ラブホ」と呼んでいた類い。
正直、その音の響きから“感覚的に淫靡なもの”とは気づきながらも…
私は、その手に関して“幼く、奥手”だった。

だが、高度経済の象徴とでもいうべき「昭和の宮殿」は前から気になっていた。

小学生のころから 「漫才」と「映画」と「本」を中心とした楽しい生活。
とりたてて、友だちがいなくても… まったく気にならない鈍さ。
そのためか?「男女の営み」「性」に関する情報は…入ってこなかった。

僭越ながら「勉強」はまずまずの成績。
某進学塾の模擬テストは、四科目で大津市第⑦位。

思えばあれが、“勉学における絶頂期”だったかもしれない(笑)

学習塾に通わせない方針の厳格な父親にとって…
私が、今 直面しているブツは ある意味、ヤンキーよりもたちが悪いかも。しかし、私の衝動は もう誰にも 抑えることができなかった。 

―――話を戻す。

中学1年の時、見たあの光景。
淫靡な宮殿。朽ち果てた『ホテルK』で見た「回転ベッド」と「鏡張りの部屋」。

――あの衝撃は、「ビートルズ」や「ストーンズ」を 陵駕していた。

かび臭い部屋、吉本新喜劇の有名座長のサイン色紙 だらりと伸びたコード。
あの時、開いてはいけないパンドラの箱を開けてしまい人生は確実に変わった。

うわさに聞いていた「回転ベッド」は想像していたものではなかった。

13歳が描いていたのは、遊園地のメリーゴーランド風。
鏡が中心にあり、ベッドは外側にあるものだと思っていた。

しかし、実物はまったく別物。
鏡(ミラー)に対しては、ブルース・リーで免疫はあったものの…
まさか、天井にまで張り巡らせてあるとは…!? アレには驚いた(笑)

試しに、ベッドの枕元にあったスイッチボタンを押してみると…
「…やっぱり、ダメか。」…
…なぜか?? 悲しい気持ちになっている自分が(すでに)存在していた。

窓の外から、微かに聞こえる「鈴の音」。

窓の向こう側に微かに見える 砂浜に刺した釣り竿は、
これでもか、これでもかというくらい…『くの字』に折曲がっていた。

ふと、我に返った。
罪悪感を断ち切るかのように、悪魔が住む要塞から飛び出した。

砂浜の向こうから、聞こえる「鶴光のオールナイトニッポン」
少しだけ明るくなった夏の朝。
竿は抜け落ち、少し離れた場所に動いている。かなりの大物だったかも…。
どうやら、絶好のチャンスを逃してしまったらしい。まぁ、いいか。
最初から、釣りはアリバイ。誰かに見つかった時の“言い訳”だったのだから。


そんな私が「炎上ENJOYウィーク」で推薦した曲は…
≪チェイス≫の♪『黒い炎』
70年代伝説のブラス(金管)バンドの“いやらしいオトナの叫び”です。
良い子のみなさまは、こういう不良の音楽は 聞いたらダメですよ~~!!

はたして、私の思いは みなさまに 届いたのでしょうか!?

結果が気になる方は、ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも
番組をお聞きください!

50歳を目前に、まさかのラジオデビューした私「柳田光司」宛の
応援メール、ハガキ、郵便なんでも結構です。
一行メッセージでもかまいません。必ず目を通させていただきます。
こちら「R45 ALL THAT 補足」も読んで下さいね~!

谷口「わー、わー、言うてます!」

柳田「お時間です!」

2人「さようなら!」     …(つづく)


画像: R45 ALL THAT 補足 (文&色えんぴつ画 柳田光司)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.