今夜の「武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 」は
スタジオに「武庫川女子大学 文学部 英語文化学科」卒業、
フィリピンのスービックで、学校へ行けない子どもたちを支援する
「WISH HOUSE 希望に満ちる家」のスタッフとして活躍している
「中野 陽子」さんをお迎えしました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第39回-放送後記

現在フィリピンに滞在中の中野さん。
NPO法人NEKKOのWISH HOUSEの責任者で、
貧困ゆえに学校へ行けない子供たちの為の場所を作り、
学習だけでなく、栄養失調児や病気の子供に、
緊急的な食事支援や医療支援をされています。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第39回-放送後記

卒業後、武庫川女子大学附属中学校・高校で事務をしていた中野さん。
青年海外協力隊に参加された友人をきっかけに関心を持ち、
「NEKKO」の活動を知り、2年近く悩みつつも、人生一度きりと、
思いきってフィリピンに渡り、現在の活動をスタートされたそうです。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第39回-放送後記

国際協力の世界は専門家の仕事がほとんどかもしれませんが、
現地のニーズを考えると色々な支援の形があります。
WISH HOUSEの様に、社会の隙間に支援が必要な現実もあります。
そこには専門性が必要ではない場合もあります。
何かをしたいと思われているのならば、まず行動してみてください、と
お話くださいました。
詳しくは「WISH HOUSE」のホームページをご覧ください!!
http://www.wish-house.info/

画像4: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第39回-放送後記

今日のオンエア内容は、2018年1月3日(水)まで、
Radikoのタイムフリー機能でお聴きいただけます!
http://radiko.jp/share/?sid=FMO&t=20171227200000

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.