生物多様性のお話を中心に、
動物のこと、自然のこと、環境のことをみなさんと一緒に考えていきましょう

Newsweek掲載の「インスタと動物」の話題

ここ数年、ソーシャルメディアで目につく
トレンドの1つが
「野生動物とのツーショット自撮り」。

パリス・ヒルトンやアリアナ・グランデなど・・・
セレブもやっているとあって、ライオンやナマケモノ、ゾウなどと一緒にポーズを取る観光客が急増しています。

無神経な自撮りは、野生動物にとって非常に迷惑な行為になりかねません。
昨年こんな事件が起こってしまいました。

そんな中、Instagramでは、
「#koalaselfie(コアラとの自撮り)」
「#lionselfie(ライオンとの自撮り)」・・・といったハッシュタグを検索すると

「動物や環境に有害な行動を奨励する投稿との関連が疑われるハッシュタグを検索中です」という警告メッセージが表示されます。

「インスタ映え」を狙う人間のエゴは、
 時に、動物たちにとって大迷惑な行為になる可能性があることを覚えておきたいですね。

今日のプレゼント

“ECO

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.