「武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 」
今日はスタジオに「武庫川女子大学 文学部 教育学科 体育専攻」卒業、
「日本国際飢餓対策機構」ボリビア多民族国 海外駐在スタッフ
「小西 小百合」さんをお迎えしました。

画像1: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第44回-放送後記

ボリビア多民族国は、南米大陸、36の民族36言語。公用語はスペイン語。
アンデス山脈、アマゾン流域など地域によって気候も文化も異なるそうです。
そんな中、山地にある集落で活動する小西さん。
太陽には近いものの、朝晩の寒暖差が激しく、厳しい気候のもと、
活動を行っていらっしゃいます。

画像2: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第44回-放送後記

「日本国際飢餓対策機構」は1981年誕生した機構で、
世界の貧困・飢餓問題を解決するために、日本からスタッフを派遣しています。
武庫川女子大学を卒業後、10年間中学で教師をしていた頃から、
サポーターとして活動していた小西さん。
第2の人生を考えていた時、この機構から声がかかり、
現在はボリビアで子供の教育支援、地域自立開発支援に関わっていらっしゃいます。

画像3: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第44回-放送後記

子どもたちとどのように関わっているのかというお話の中で、
実際にかけられた言葉を思い返し、涙ぐまれる場面も。
小西さんの子どもたちに対する深い愛情が伝わって来ました。

「日本国際飢餓対策機構」の活動についてはホームページをご覧ください。
https://www.jifh.org/

今日のオンエア内容は、2018年2月7日(水)まで、
Radikoのタイムフリー機能でお聴きいただけます!
http://radiko.jp/share/?sid=FMO&t=20180131200000

画像4: 武庫川女子大学ラジオ- MUKOJO ラジオ - 第44回-放送後記
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.